11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

華ヤカ ポウラスタ

自分のブログに広告出ててびっくりした。
慌てて更新しに来た。
一ヶ月も何故放置したかと言うとゲームをクリアしてなくて感想書けなかったから。
途中で放り出して次へ・・・、っていうのは良くないわー。
でも途中で楽しみにしてたゲームが来ちゃったらやるしかないよね!
と言うわけでやっと華ヤカのポウラスタクリアしたので感想書きました。


~ポウラスタのオススメポイント~

兄弟が酒しか呑んでない。
どのルートも秀男が大活躍!しかも今回はかなり良い人です。
どの兄弟も父である玄一郎ときちんと向き合おうとしているのが好印象。
館野親子の立ち位置は兄弟によって実に様々。
玄一郎様がゲロカス様ではない!?!?やはり死期が近いと人間丸くなるのか・・・!
新キャラの芦田カヨ子ちゃんがウザカワイイ。でもこの子もルートによって性格が若干変わったかも。
THE・ファンディスク!って感じのサービスたっぷり萌えたっぷり、ボリュームもたっぷりの素晴らしいゲームでした。メーカーの心意気を感じた。



って言う事で私は概ね満足です!有終の美を飾ったFDなのではと思いました。


ネタバレありの感想はたたんでしまっておきます↓

web拍手 by FC2




sh_00_320_03.jpg


苦手意識があったので最初に攻略。
・・・やっぱり怖かったー!あの性格は無理だwww

はるの故郷とか両親とかを「どうでもいい、興味ない」でさくっと片付けた!!!
信じられない!!!そもそも肉親の情とか、もしかしたら理解してないのかも。
あの優しそうな文子様の子供なのに、どうして進だけあんなんなんだろ???
正直、宮ノ杜のご兄弟って、基本的に優しい人が多いのですが、進は人間として大事な部分が欠けちゃってるんだと思う。普段優しいのだって、その方が周りとトラブらないで生きていけるからだと思うし。そういった部分では博もちょっと似てると思う。肝心な時に冷たいんだよね。

シナリオも進の性格破綻を生かしていたので、あんまり感動も出来ず・・・。
でも、進の性格を上手く書いていたので、シナリオとしての出来は良いと思いました。

ご褒美イベントも見たんですけど、進イケメンだけど性格が・・・と思ってしまって萌えられず。
正直はるは何故進と一緒になろうと思ったのか謎過ぎる。


sh_00_320_00.jpg


進が冷たかったので、優しさに包まれたい・・・!と思って正を選ぶ。
大正解!!!っていうか正さん無印から変わらず本当に優しいんですよ。
おまけに35歳なのに奥手なんだよねー!かわゆす!
正様のお母様のサナ枝様がはると仲良くなってて、しかも結構優しくてほんわかした。
はるが落ち込んで泣いてた時の対応が男前過ぎたwww
正も見習って欲しいwww
ご褒美イベントは40歳の正様が渋くてかっこよくて惚れ直したわ。館野の息子も何故か出てて、仲良くやってるんだなぁとしみじみした。エンディングではその後続いていくかな?って雰囲気だけ出してたので。
正様はあの癖のあるご兄弟の長男だけあって、人と付き合うのが上手いのかもしれない。


sh_00_320_02.jpg


茂は無印とキネモザのエンディングが進路的に大きく違ってたので、どうかなーとは思っていたのですが、今回のシナリオはキネモザの続きで、洋服屋ルートでした。
私は養子ENDが好きだったのですが、父親との確執を上手く消化するには洋服屋ルートの方がやりやすかったのではと思います、きれいにまとめてきたので終わった後もすっきりしました。
茂ルートの館野の息子にはびっくり、まさかの終わり方でした。
正もそうだけど、茂も基本優しい人なので、館野の息子に同情ではないけど触れ合おうとする姿勢が好きでした。ご褒美イベントでは仲良くやっているようで一安心。
茂は父親から逃げてばかりだったのに、今回はしっかり父親と向き合って、和解とは行かないけどけじめはしっかりつけてましたね、態度も以前と違ってかなり男らしかった。
結婚やら開業やらで男として腹を括った感じが出てて良かったです。


sh_00_320_01.jpg


無印→キネモザと続けてやって最萌だった勇様ですが、今回も素晴らしかったです・・・!
勇様の何が好きって、はるに対する姿勢が好きだ。
最初は独占欲丸出しで(まあ今回もでしたけど)俺のもの!って意見を押し付けるだけだったのに、今回は随分人間的に成長しまして、はるの事をきちんと理解していきたいと言ってくれます。
身分が違いすぎて世間で何か言われても、気にするなとか、はるは俺が守ってやると心強い言葉をくれます。とにかく付いていっても安心できる人、これに尽きますね。
今回は売り言葉に買い言葉で、はるに結婚やめようって言ってしまう場面があるのですが、それを兄弟に責められて非常に落ち込み、元気のない勇様を見る事が出来ました。
レアですよねwwwすっごい落ち込みようで可愛すぎた。
勇様ルートでの館野親子ですが、今回は息子ではなく、父親の方がクローズアップされました。
勇様が神対応をしたおかげで、特に悪巧みをすることなく終わっていったwww
勇様はとにかく、はるが大好き!!!っていうのを全身で現すところがいいね。
お母様のトキ様は今回も豪快な方でございました、酒の買占めwww
玄一郎様も勇様ルートでは親子ふれあいイベントが多く、心が和みました。


sh_00_320_07.jpg
喜助

喜助って29歳なんですよね、茂より年上なんですよね。
なのにすごい奥手で、ニヤニヤが止まらなかったw
特に温室のアレは、奥様方と一緒になってニヤニヤした。
その前の餅もニヤニヤしたわ。今回よく覗かれますwww
喜助が恋愛してから結婚しようって決めたので、はるは結婚が遅れてしまったけど、
この時代に恋愛結婚て、物凄く珍しいですよね。
喜助もはるも、ぎこちないけど徐々に距離を詰めていくのが微笑ましい。
それになんと言っても、ご兄弟達の協力がwww
ポウラスタはご兄弟達の仲良しっぷりがすごいんですよ!
無印の時に比べたら同じゲームかわからないくらいですwww
今回は喜助とはるの為に神社をジャックwwwいいのか宮ノ杜www
偽だけど結婚式を挙げさせてあげようっていう心意気に感動しました。

今回の玄一郎様ですが、喜助と一緒に写真をとってくれました。
報酬という事でしたが、以前の玄一郎様だったら絶対に許可されなかった事で、
余命僅かになり、6年雇い続けた喜助の最後の願いを聞いてくれました。
ご褒美イベントのスチルにひっそり写真が写っていて、
喜助はこれを一生の宝物にしていくんだろうなあとしんみりしました。


sh_00_320_05.jpg


今回もツンデレっぷりが冴え渡ってて本当に素晴らしかった・・・!
そして館野家の息子、毅との関係性も素晴らしかった。
あの雅様が、他人の事を気にして色々してあげるとか!
同性にはなかったことですよね。異性は気持ち悪くてはる以外は無理だしw
それに母である千代子様もふっきれたようで、おどおどしているように見えていた千代子様が雅様に対して少し強気に出てくるようになったのも嬉しかった。
雅様も嫌がっているように見えても少しづつ打ち解けてきたし。
これもみんな、はるのおかげなんですよね。
雅様ははるの影響でかなり性格も丸くなり好き嫌いもなくなり体も丈夫になったし退屈もしなくなったし好きな人も出来て結婚も出来て、いい事尽くめですよねwww
ツンツンしてるけど本当は優しいって、はるはきちんとわかってくれてるし!
雅様ルートは人とのつながりを大事にする雅様を見る事が出来ただけで嬉しい。
嫌がりながらも兄弟達の宴会に毎日出て、露天風呂につかるなんてすごい進歩だよ!
私は宮ノ杜のご兄弟で、一番はるを必要としていたのは雅様だったと思っているので、
ポウラスタでは感無量でした。

そしてご褒美イベントの雅様には悶えた。ク、クマーーー!!!


sh_00_320_04.jpg


雅の直後にPLAYしたせいかも知れないが、歳の割りに考え方が幼く、
他の兄弟ルートより安心してゲームを進める事が出来なかった。
これは雅は勿論、他の兄弟達が大人びているから余計にそう思っただけで、
二十歳の男の子としては博は普通なのかもしれない。
でも、はるを好きなのに離れて、それでお互いモヤモヤしてたらだめでしょ!
やはり好きな人と離れたらいけないと思うんですよ!
博とはるの恋愛観が自分と違いすぎたため、あまり楽しめなかった。
そもそも、キネモザで再会が偶然&五年後っていうのが既に決まってしまっていたので、シナリオも大きく動かす事が出来ないよね。それは仕方がないのかもしれないが、キネモザの終わり方に納得行ってなかった私としては、このシナリオもやはりちょっと・・・という思いがぬぐえなかった。
はると離れて荒れている博にガツンと言ったのは、なんと進!
ちょっとー!進、やればできるじゃん!!!と進の事を見直してしまった。
他の兄弟は傍観してたからなーwww
館野家の毅との関係性も、博だけ独特だった。
毅が唯一感情を爆発させたルートだったので、毅はやれば出来る子だったのだなぁとwww
しかも倫敦で再会を果たすのが負けず嫌いの毅らしいというか。
あれにはびっくりしたなあ。

博は一見人懐こくて優しいけど、本当は進とちょっと似てる所があると思った。
冷たさがちらほら垣間見えたのは私だけか。

博ルートのはるは、博が同い年というのもあるのか、大人びている印象。
他の兄弟ルートにある朗らかさが少ないような気がする。
まぁ、一言で言うと、ご苦労様でした。


sh_00_320_06.jpg


首相殺しの被疑者って事で、結婚するにも世間体が悪いと守様は気にしておられましたが、
はるがそこら辺は気にしてないって言っていたのが印象的だった。
まあ実際殺してないけど、元殺し屋だしね。
今回、初めてはるの実家がダムに沈む事が決定してびっくりした。
今までなんだかんだで回避出来てたから今回も回避できるものだと思いこんでた。
そしたら沈んだwww館野www

でも、守様がはるの家族を東京に呼んで一緒に暮らすENDは一番好きです。
はると家族が一緒にいる事ができて、尚且つはるがとても幸せそうだったので。
守様といると、はるは幸せそうに見える。
身の丈に合った暮らしが出来ているし、宮ノ杜といっても、守様は庶民の暮らしが身についているから価値観もそう変わらないだろうしね。
主人公が幸せそうであるか、無理をしないで暮せそうかっていう部分は、私が乙女ゲーに求める大きな成分であるので、このエンディングはかなり満足しました。
他のご兄弟達のエンディングも勿論好きなんですけど、守様といるとはるが生き生きしているように思います。
そういった意味では茂様のエンディングもかなり良かった。やはり私は一般庶民の暮らしが好きであるようです。


FDって糖度が高くてさくっと終わらせるものがほとんどだと思いますが、
華ヤカFDはPLAY時間に50時間かかりました。
ぶっちゃけ、ミニゲームはいらなかったと思われる。
しかしあればあったで、お使いをフルコンプしたくなる不思議。

これで華ヤカは続編はもう出ないだろうなぁ。
宮ノ杜のご兄弟は本当に最初は仲が悪くてどうしようかと思ったのですが、
今回は兄弟愛に溢れていましたね。
毎日酒盛りなのはちょっといただけませんでしたけどwwwでも面白かったからいいやwww
どのルートでも兄弟達が他の兄弟達に気遣いを見せていたのがしみじみときましたね。
アイテムなどはまだ全部集めていませんが、一応コンプしたので後で予約特典と限定版のドラマCDを聴こうと思います。華ヤカのドラマCDは結構面白いのできちんと聴きます。
スポンサーサイト
Secret

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード