09
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

あやかしごはんおかわりっ!感想記事

前回の記事に書いたとおり、お盆休み中に「あやかしごはんおかわりっ!」をクリアしました。
面白かったです!無印に引き続きハートウォーミングでした。
一口感想書いたのでたたんでしまっておきます!
このゲーム本当にみんなにやってほしいなって思います。
クリアした後いいゲームだったなぁってほんわかできますので!

このゲームクリアした後、勢いのままにコルダ3の大団円ルートという12股プレイを執念でやり遂げましたので、
次の記事はコルダ3の感想記事になると思います。
コルダ3も大変楽しんでプレイできました。高校生の恋愛って初々しくて最高ですよね!!!
特にコルダ3はさわやかすぎて私の穢れた心が洗い流されました。CERO Aだけど本当キュンキュンしたよ…。

それではあやかしごはんおかわりっ!の感想記事は↓↓↓になります。

web拍手 by FC2







※クリア順に書いてあります。

tw_icon_yomi.png


無印では一番好きなキャラで、本当に可愛いしかっこいいしでニヤニヤしたし、切なさで涙が出たりで大変忙しかった。
今回は主人公の凛とくっついてからの話だったのですが、
詠は人間の凛と付き合おうって決めた時に、
「こいつの最期は俺が看取る」って決めてたそうですよ!!!
これ聞いて詠の愛は本物だと確信した。自分を置いて行ってしまうのはもう決定事項、
だったら最期までしっかり見守ろうって付き合う時から決めちゃう狛犬カッコいい!!!
しかも人間の事嫌いだったのに、新しい知識、新しい友人、新しい世界を知って、
自分も村を出て大学に行きたいと。
この意識改革、凛が来る前だったら絶対考えられないし、詠も自分でそう思うって言ってた。
恋だけじゃなくて、色んな事に目が行くようになって成長した感じがよかったです。
エンディングは3種類あって、TRUE,GOOD,BADの3種類なのかな。
詠の場合、私はGOODが一番好きです。
人間としての凛を好きになって、老いていく凛と共に過ごし、凛が死んだら子孫を見守りつつ狛犬に戻るっていう一連の流れが切なくも素敵でした。
「俺が看取る」っていう約束もきっちり果たされたしね!
凛を亡くした悲しみは癒えることはないかもですが、自分の血を分けた子孫達を見守るあやかしっていうのも素晴らしいんじゃないかと思います。もう一人じゃないしね。
TRUEは凛があやかしになってしまうので、看取るって事はないのかな、シナリオ的にはGOODがTRUEでもよかったのでは?と思ってます。
あと無印で悪役だったカラス天狗の話が主になってて、凛と詠にもうちょっと重点を置いても良かったかも。割合的にカラス天狗ちょっと出番多すぎだったようなwww


tw_icon_mana.png

真夏
無印では1000年前に恋人として主人公とお付き合いしていたのに結ばれず、以降ずーーーっと恋人の生まれ変わりを追いかける生粋のストーカーでしたけど、今回は無事転生した凛と付き合える事になって浮かれまくっている真夏さんのお話でした。正直重気持ち悪いwww
まあでも1000年な!!!1世紀だもんな!!!そりゃこじらせるよね!!!
無印で呪いがどうのこうのって言ってたけどもう忘れてて、どんな呪いだったかなーと思って調べたら自分で自分を呪っていたという…wまあ解けてよかったよねwww
FDではもう年下の彼女が可愛くて可愛くて仕方がないといういい年したお兄さんの話でしたけど、真夏さんて何歳???公式に年齢出てましたっけ???
大学に入りたいとか言ってたのでそんなに年ではないのかなー?
今回はラブラブな二人に嫉妬する吸血鬼のあやかしが絡んできて面倒事が起きた話でした。
恋人の生まれ変わりを追い続けるストーカーをまたまた追いかけるストーカー???
まあ要するに凛←真夏←紫門、て感じでしたね。あっホモじゃないよね???
紫門は友達と呼べるのが真夏しかいないコミュ障だったようなのでこれは仕方ない。
これからは紅葉村であやかしの友達をどんどん増やしていくとよろしいかと。
真夏さんのTRUEは本当に幸せな終わり方だったんだけど、スチルに大きくなった綴君の姿を書き加えて頂きたい!!!!声だけじゃもったいない!!!
そしてGOODは仄暗い終わり方で、これBADなんじゃ…って思いました。
なんであれGOOD なんだろ???
そしてBADはものすごいBADで真夏さんが可哀想であった。転生ももう出来ないのに最期があれとは救いがない。


tw_icon_hagi.png

萩之介
あやかしの見えないあやかしヲタクな彼とはどうやって物語が進むのか、無印の時も気になっていましたが、今の所一番好きなシナリオでした。
小川に願いをかけたらあやかしが見えるようになって、萩之介は本当に嬉しかったんだと思います。
今まで自分だけ見えてなかったし、見えてないんだけど声かけたりして本当にあやかしが好きそうだったし。
そうやって見えるようになったあやかし達と交流し、本当に仲良くなってきた頃に小川の願いの効力が切れて見えなくなってしまうとか、悲しみしかない。あれは萩之介はつらかっただろうな…。
でも、あやかしは本当にいるし、人間の近くで暮らしているし、悪いあやかしはいるだろうけど、それは人間だって同じじゃないかと思うんですよね。
萩之介の目が元に戻ってしまったのは本当に残念だったです。ご都合主義かもしれないけどあのままにしてほしかったかも…。でも元に戻ってしまった事で萩之介が更に成長できた所もあるので、どっちとも言えないかな…。
萩之介のシナリオには沢山のあやかしが出演してて、わいわいにぎやかで良かったです。
登場人物が沢山いるせいでシナリオが盛りだくさんで飽きずに読む事が出来ました。
エンディングはTRUEもGOODも二人が本当に幸せそうでほんわかしました。
神社をついで、あやかし相談所も作って、人もあやかしも両方集まるような所にしたいって言った萩之介の夢は叶ったようですね。
凛もそんな萩之介の事が大好きで、神社の仕事もしっかりサポートしているようだし、あの神社は安泰だよ!!!
そんで子供も生まれて、きっとその子はあやかしにも人にも愛される子供になるのでしょう。
ほんのひと時でもあやかしを見る事が出来て、話をして触れ合ったという事実は萩之介の一生の宝物になったんだろうなー。


tw_icon_suou.png

蘇芳
萩之介の次にPLAYしたのですが、さっくり萩之介シナリオを超えて今の所一番好きなシナリオにw
無印の時はすごい好きなキャラではなかったのですが、今回はシナリオがよかった。
凛が大学に行くと決めてから、自分の将来に無頓着だった蘇芳が人間の世界で人間として生きていこうと努力するのが本当に健気だった。まさか字が書けなかったとは思わなかったので、そこからかよ!と謡ばりの突っ込みを入れてしまったけれども。
それから皆と交換日記をする事で字の練習をしたり、卒業後は農家に就職する手続きを凛に頼らずに自発的に行ったりして、なんというか精神的成長が著しかった。
ただ、感情のコントロールがうまく行かなくて凛を傷つけてしまい、自分も無意識のうちに大事な人を傷つけてしまった事にショックを受けてしまう蘇芳。
あやかしとしての本能は人間と相容れないのだろうかと深く悩みますが、
結局は蘇芳が凛の事を忘れるなんてできないし、凛も蘇芳の事を丸ごと受け入れる覚悟だったので丸く収まってよかった。
凛が蘇芳に傷つけられ、他の猫又に術もかけられて半月ほど寝込んだ後、目が覚めてから読んだ蘇芳との交換日記には泣かされた。
凛に伝えたい事がたくさん書いてあって、そのどれもが凛への愛情にあふれていて交換日記というより恋文のようだった。想像だけど覚えたてのつたない字で書いてあるだろうから一層健気さが沸き上がってきた。
エンディングはTRUEは結婚してから数年後の凛と蘇芳の物語で、可愛い子供たちと更にイケメン化した蘇芳のスチルが素晴らしかった。蘇芳めっちゃかっこよかったですし良い父親になっていたみたいで幸せが大爆発していた。
しかし住居があの山のボロ家のままだったのは驚いた。そろそろローン組んで新築の家買ったほうがいいと思うよ!思い入れがある家かも知れないけど山奥過ぎて大変だと思うw


tw_icon_asagi.png

浅葱
浅葱は無印では恋愛せずに終わったので、今回は恋愛がきちんとできて嬉しかった。
あんな儚げな顔して割にぐいぐい来たね浅葱君…嫌いじゃないよ!
無印では紅葉村のピンチを救った桜のあやかしだった浅葱ですが、力尽きて消える寸前に、
育ててもらった鬼の魂の力によって株分けした桜の苗木の元に飛ばされる。
そこは紅葉村ではなく、紅葉村出身のあやかしの見える小説家の家で、ここに落ちてきた縁もあるからと浅葱の生活の後見人になってくれるところから話は始まります。
浅葱の体調が思わしくなく、後見人の小説家の彼は桜の大元の木がある紅葉村に浅葱と共に戻り、
そこで凛と出会う。二人とも記憶をなくしていて、以前に出会ったことがあるような気持ちになりながら自然と惹かれあっていきます。
ファンディスクなので付き合っている前提からスタートの他の面々と違い、知り合う所からお付き合いする所までの話が甘酸っぱくてよかった。
浅葱の話は無印では真相ルートだったのですが、今回も真相ルートの続きだったのでそのままシリアスな感じに話が進んでいきました。死にかけの桜の木を生き返らせるために紅葉村のあやかし達が力を合わせて妖力を流し込む場面は感動しました。
皆のおかげで命を取り留めた浅葱はあやかしとして凛と幸せに暮らし、凛が亡くなると桜の木に戻って村を見守りました。
浅葱のシナリオはお伽噺っぽくて好きです。浅葱はいつもあやかしとして存在するわけではなく、桜の精として普段は姿を見せなかったのに、凛と出会い、暮らした時間だけ人のように過ごして、元に戻っていったっていうのも切なくて良いです。
凛と浅葱の子供達がきっと桜の木の面倒を見るのでしょうね、子孫には浅葱の姿が見えたらいいのになぁ~!


tw_icon_uta.png


あやかしごはんおかわりっ!は詠で始まり謡で終わろうとずっと決めていたので、謡のシナリオを始めるときには感慨深かった。
謡はせっかちだし、勉強も苦手だけど、なんというか空気を読むのが大変うまい子だと思う。
あと、詠と比べると大人な考えを持っているし、狛犬としての自覚も謡の方があるように思う。
シナリオも人間の世界をもっと見たい、学びたいという詠と、紅葉村を守るためにはもっと見聞を広げ、あやかしとしての力も今よりも沢山手に入れようと思った謡とは同じ紅葉村を出るという理由でも全然違うし、詠のTRUEのエンディングが凛と詠の両方があやかしになって末永く暮らすという終わり方に対して、謡はあくまでも人間としての凛を愛し、凛の最期を見送る終わり方でした。詠だとこの終わり方はGOODになるんですよね…。
そう考えると謡はやっぱり強い子だったのかなぁと。詠は寂しがりやなので詠にとってのベストは凛と同じ位の寿命がいいなって考えなのではないかな。
詠ルートを攻略した時、TRUEとGOOD入れ替えた方がいいんじゃないかなって思ったんだけど、謡ルートを終えたらあれはあれで詠らしくていいんじゃないかと思い直した。
謡ルートは無印から付き合ってる前提で話が始まってたはずなんだけど、ふたを開けてみたら一番甘酸っぱいシナリオであった。
もじもじする狛犬可愛い。神様や他のあやかしにからかわれて真っ赤になる狛犬www
初々しくて大変よろしかったです!


あやかしごはんは恋愛部分も素晴らしいですけど、人間ドラマというか、友情とか親子の愛とかもたくさん詰まっていますので泣いたり笑ったり忙しいですがおすすめしたいゲームです!
心に残る乙女ゲームやりたいなって思っていたら候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード