09
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

網膜剥離 入院生活前半

2017/03/29~4/2 入院生活前半


この記事のポイント

硝子体手術で網膜剥離の治療をする場合、手術後に私たち患者が頑張らなければならない事があります。
それは「うつぶせ寝」とにかく眼球の裏側に手術時に入れたガスを浮力で押し付け続けないといけません。
これをしっかりやる事で、一旦はがれた網膜を再びくっつけるのです。
大事な作業なので、怠ってはいけません。腰痛にも首の痛みにも負けず、頑張りましょう。
病院でうつ伏せ寝用の枕など貸してくれますが、自分でカスタマイズできるように、
バスタオルやフェイスタオル、小さい毛布など持っていくと重宝するかも。
結構しんどいですが、入院後半になれば横向きで寝ることもできますので、
最初はとにかく頑張ってうつぶせ寝しましょう。

3/29に手術をして、それからの入院生活はひたすらうつ伏せ寝をしていました。
起きてる時も、寝てる時もです。特に寝てる時に横向きになったりした場合は、
見回りの看護師さんに起こされて、姿勢を正してまた眠ります。
毎朝先生の検診と、看護師さんが毎食後&寝る前に目薬を差しに来てくれる以外は、
全く用事がなかったので、トイレ以外はずっとベッドで寝ていました。
入院生活の前半が一番暇でした。
ただ、俯いてじっとしてればよかったので、疲れない程度にスマホ触ったりしてました。
ラジオ聞いたり、音楽聞いたりは出来たけど、テレビなどは俯いているので見れなかったです。
手術していない方の片目で見ると、いつも見ている視界よりバランスが悪くて、
ペンのキャップがうまく戻せなかったりしました。
まあ、眼帯が取れてガスが抜けてくれば、見えてくるので短期間の我慢です。
術後の痛みは、手術直後に痛み止めを一錠貰って飲みました。
これも個人差がありますが、私は術後の痛みは全くと言っていいほどありませんでした。
手術後の違和感はありましたが、目がゴロゴロしたりなのも一切なかったし、
これは本当にうれしかったです。
その代わりと言っては何ですが、うつ伏せによる腰痛と首の痛みがひどくて、
湿布をもらいました。湿布、かなりおススメです!痛みが随分良くなりました。
知っていれば最初からもらっておくべきでした。
あと、一日中ベッドにいる為、夜眠ることができなくなってしまったので、
睡眠導入剤をもらって毎日飲んでいました。これもかなり助かりました。
最初の2日間は、夜は暇で暇で本当にどうしようかと思っていたので、
貰えるなら絶対貰っておいた方がいいと思います!
夜といえば、私の入院していた病棟に、夜叫ぶ人がいて、結構ホラーでした。
2日で慣れたからいいけど・・・最初の日は何事かと思いました。
あと、痴呆気味のおじいちゃんが夜中に廊下で看護師さんに、
「ここはどこかいのう、なんでわしはここにいるのかいの?」って聞いてて、
おじいちゃん確か私が入院した時にも同じこと言ってた気がする・・・!
私聞いたよ・・・そのセリフ・・・!
と夜中なのに心の中で突っ込みを入れてました。
看護師さん、本当に大変な仕事だと思います。私はとてもできない・・・。
深夜まで起きていたのは最初の2日間だけだったけど、
きっと残りの6日間でも色々あったのかもしれないです。
入院時のご飯ですが、最初は珍しさもあり頑張って食べていたのですが、
量が多くて味が薄いというコンボだったので、適当な感じで残してました。
大根おろしがついているのに、醤油がついてこない等、不満はありましたが、
マイ醤油とマイソルトで何とかなりました。
今度入院するときはマイだし醤油を持っていきたいと思います。
そもそもベッドに寝てるだけなのに1800kcalは取りすぎだと思う!
でも、そんなに不味いわけでもなく、普通に食べられるものでよかったです(笑)
入院中はご飯くらいしか楽しみがなかったし!

網膜剥離の記事 一覧
スポンサーサイト


web拍手 by FC2
Secret

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード