09
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

網膜剥離 入院生活後半と退院

2017/04/3~4/6 入院生活後半と退院


この記事のポイント

気になる手術代と入院代について

網膜剥離の手術と入院は保険がききますので、健康保険に入っている人は
高額療養費という制度を利用することができます。
こちらを利用すると、自己負担限度額を考慮して請求が来るので、余計な手続きが不必要になるのです。
親切な病院なら最初に言ってくれるし、手続きもしてくれたりします。
私も入院するときにすぐに書類を書いて、病院の方で速達で送ってくださいました。
おかげで月末の支払いに間に合いましたので大変助かりました。
病院によって対応は異なると思いますが、不安なら入院する際に聞いてみることをお勧めします。
あと、これはとても大事なことなのですが、もし網膜剥離のように一刻を争う病状ではなかったら、
月をまたいでの入院と手術はお勧めしません。
制度上、月をまたいでしまうと、その月、次の月と別々に自己負担額がかかるので、
かなりもったいないです。年収の多い方などは特に気を付けた方がいいと思います。
ただ、健康が何より大事なので、急ぎとあらばすぐに入院手術をされた方が絶対にいいです!
私はパート勤めで年収が低い、なおかつ自分で健康保険に入っていたため、
月をまたいでもそんなに高額にはなりませんでした。
ベッドの差額を抜いたら、15万弱で済みました。
旦那様の扶養に入っていたら、きっともっとかかったと思います。

さて、入院後半になると、ずっとうつぶせにならなくて良い&寝る時は左を下にして寝てもよいと言われ、
だいぶ楽になりました。元々目以外の体は全く以て元気であるため、
すごーーーく暇でした。
私の場合、最初に入ったのが二人部屋で、眼帯が外れたら大部屋に行こうと思っていたのですが、
結局最後まで部屋が満床で、ずっと二人部屋でした。ベッドの差額が地味に痛かったです。
しかし、二人部屋の片方が使用されたのは入院していた9日間のうち3日間だけだったので、
ほぼ一人でのびのびと使ってました。生活音とか気にせず、気にならずで精神的にはすごく楽だったな~。
目の方は段々とガスが抜けてきて、例えるならプールで目を開けたまま水面を見ている感じ?でした。
頭を揺らすと目の中でガスが水のように揺れます。
ガスは段々下に下がっていくのですが、目は反転して物を映しているので、実際には上に登っているのです。
なんだか不思議な体験だったなぁ・・・。
ガスが抜けてくるにつれて、視界がはっきりしつつありましたが、退院してもしばらくは良く見えませんでした。
多分、眼鏡が合ってなかっただけかもしれません(笑)
退院するまでに、追加で手術では角度的に難しかった網膜の穴をレーザーで固定しました。
レーザーは角度によって痛みが違うので、一発一発結構ドキドキしました。
結構打つんですよ回数・・・。100発は打ったと思う・・・。
まあでも手術に比べたら全然我慢できたもんね!
退院までは、特にトラブルもなく、私は早く家に帰りたいなぁとのほほんと思っていたのでした。
そしてガスの抜けが半分を切った4/6、無事に退院となったのでした。

網膜剥離の記事 一覧
スポンサーサイト


web拍手 by FC2
Secret

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード