09
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

網膜剥離 波乱、退院後初の外来

2017/04/10 波乱、退院後初めての外来


この記事のポイント

網膜剥離の手術の成功率は、9割といわれていますが、再手術も含めればもっと成功率は上がります。
治らない病気ではないです。ただ、元の視力まで戻るということは少ないようです。
できるだけ早期に発見、手術がその後の視力回復にもかかってきますので、
異常を感じたらすぐに眼科に行くようにして下さい。
あと、入院時の記事に書き忘れたことがありました。
眼帯を外した時、手術した方の目が外斜視になっていて、かなりショックだったのですが、
目が見えるようになってくるにつれ治っていきました。
これは脳が右目を使って物を見ることを忘れてしまったために起きた現象のようです。
斜視になる人とならない人がいるようですが、視力が戻ってくれば治る現象のようです。

退院した次の週の月曜日、診察を受けるべく3日ぶりに病院に行きました。
目の中にはまだガスが残っており、あまりよく見えてません。
痛みやかゆみはなく、このまま問題なく治って行くのかなぁなどと、
割と楽天的に考えていたのですが・・・

診察が始まり、いつものように眼底を見てもらっていた時、
先生がいつもより念入りに診察をしてて、嫌な予感が・・・。
そして、「もっとよく見たいのでレンズ持ってきますね」とか言い出した!!!
えっ、何を、よく、見たいの???
退院するときはそんなによく見てないよね???
ここで、ネットで見かけた再剥離は1~3か月以内に良く起きる、との情報が頭をよぎる。
眼底を見終わった先生が一言

「網膜が浮いてます」

えっ!?!?

さらに一言
「穴が開いているようなら再手術の可能性もあります」

は、マ、マジでか・・・。
とりあえず様子を見ていくということで、金曜日に再診察の予約を取ることにして家に帰りました。
この日は穴が開いてたらどうしよう・・・!という気持ちでいっぱいで、
夜なかなか眠ることができませんでした。

網膜剥離の記事 一覧
スポンサーサイト


web拍手 by FC2
Secret

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード